保存料(パラベン)のメリット・デメリット

保存料(パラベン)

オーガニック系コスメもそうですが、『無添加』と記載された保存料・着色料・香料が入っていない化粧品が続々と発売されました。
化学物質が入っていないということで、もちろん肌にかかる負担が小さくなったように思います。
しかし、保存料がまったく入っていないデメリットもあるのです。

 

水は、放置していると腐ってしまいます。
そして化粧水などのスキンケア商品は、主成分が水で出来ています。
つまり、保存料の入っていないスキンケア商品は、そのうち腐ってしまうということなのです。

 

最近は容器のデザインも研究されており、なるべく空気や雑菌に触れないような形状のものが多くなりました。
それでも、毎日使っていれば目に見えない菌や汚れ、空気が化粧品に触れてしまいます。
保存料が一切入っていない化粧品の場合、このリスクを頭に入れて使用してください。

 

数年前に、手作りの化粧水を使ってひどい肌荒れを起こしてしまった事故を目にしました。
原因はやはり腐敗です。
手作りの化粧品は信頼できる成分で作りますが、すぐに腐ってしまいます。
なので、冷蔵庫に入れたり、使い切りで作ったり、すぐに消費しなければなりません。
それと同じように、保存料が入っていない化粧品を使う場合は、なるべく冷蔵庫などで保存し、早めに使い切ることが大切です。

 

保存料も時代とともに研究され、今ではほとんど肌に負担がかからないようになってきました。
しかしそれでもケミカル成分に弱い敏感肌の方の場合は、お肌が荒れてしまうようです。
もしケミカル系の成分に耐性のある敏感肌の場合は、神経質になって保存料フリーのものを探さなくても良いかもしれません。
大切なことは自分に合った成分かどうか、自分のライフスタイルに合っているかどうかです。