自分に合う保湿成分とは?!

保湿成分

色々な保湿成分がありますが、その成分にも違いがあります。
自分に合っているものを選んで使ってみるとより効果があるかもしれません。

 

畜水力に優れた成分

プロテオグリカン

ヒアルロン酸の130%という畜水力があります。
動物の軟骨の主成分でもあり、保水性に優れています。
人体にも安全な素材です。

 

ヒアルロン酸

1グラムで6リットルも水分を保持出来ると言われています。
細胞と細胞の隙間を埋め肌にハリや潤いを与えてくれます。

 

コラーゲン

もともと肌が持っている成分なので化粧水として使いやすく、肌の保湿を促進してくれる効果があります。

 

 

体に備わった保湿力を高める成分

EGF

新しい細胞に生まれ変わらせ、肌に潤いやハリを取り戻してくれます。

 

 

水分保持能力を高める成分

セラミド

外部の刺激から肌を守り、肌に蓄えられた水分の蒸発を防いでくれる効果があります。
飲むタイプのものでも効果があるようです。

 

リビジュア

角質層の中に成分が浸透することで、バリア機能が補強され、逃げようとする水分をとどめてくれます。

 

 

肌荒れに効く成分

尿素

ガザガザ肌を改善してくれますが、通常のお肌にはマイナスなので本当にヒドイ時だけ使用するようにしましょう。

 

グリセリン

あかぎれ・肌あれ・ガサガサ肌を改善するのに効果があります。