防腐剤フリーでも、原料自体に防腐剤を使っている場合もあり、完全に防腐剤がないものは見つけにくいので使いきりサイズの容量のものなどを選ぶようにします。

防腐剤によるかぶれ

敏感肌の場合、肌につける化粧水など添加物が原因でよくかぶれてしまいますが防腐剤が原因でかぶれる場合が多いようです。

 

防腐剤が使われている理由。

化粧品は薬事法に基づき、未開封で3年間品質を保たなければいけないことになっています。
また封を切ってから、空気や、手から雑菌が入ることも考えられ、その対策をしなければいけません。

 

そのために防腐剤を入れるのが、最も効果的で、低コストなために、防腐剤を配合されるということになります。
クリームや、ファンデーションなどのように、水、油が多いものほど微生物が繁殖しやすくなるので、防腐剤が使われています。

 

 

防腐剤はどのような表示名なのか。

化粧品でアレルギーを起こす場合、防腐剤が原因の場合があります。
防腐剤そのものが刺激の場合と、防腐剤が原因で活性酸素が発生して、細胞を傷つけることからかぶれが発生します。

 

化粧品の成分で、防腐剤の名称は

 

パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)

最もよく使われていますが、アレルギーなどのトラブルを起こす恐れがある成分です以下の種類があります。
表示には単に、パラベンと書かれている場合で、これらの成分を何種類かをひとくくりにされている場合があります。

  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • イソプロピルパラベン
  • ブチルパラベン
  • イソブチルパラベン
  • ベンジルパラベン

 

 

フェノキシエタノール

パラベンの効きにくいグラム陰性菌に有効なので、併用されています。

 

安息香酸 安息香酸ナトリウム

食品などにも使用されている防腐剤です。

 

デヒドロ酢酸ナトリウム

カビなどの菌の繁殖を抑える効果があり食品にも使われています。酸性で効果が高い成分です。

 

ヒノキチオール

ヒノキ油などに含まれ、殺菌作用がありますが合成のものもあります。
配合の制限のある成分です。

 

 

防腐剤の入っていない化粧品のはずなのにかぶれる。

防腐剤が敏感肌に良くないということが、わかっているので表示を良く見て、防腐剤が入っていないのを選んでいるにもかかわらずかぶれてしまったという経験をされた敏感肌の人がいます。

 

この原因は化粧品を作る場合に、いろいろな原料を混ぜて作りますがその原料自体に防腐剤が使われているというケースです。

 

原料名のは表示されていますが、その原料の添加物までは表示することがないので普通に市販されている化粧品で、完全に防腐剤が入っていない化粧品はないと言っても良いほどです。

 

合成ポリマーのような、もともとくさりにくいので防腐剤が要らないものを使い化粧品をつくると防腐剤の必要がありませんが、残念ながら敏感肌の場合合成ポリマー自体が、刺激となるケースがあります。

 

 

防腐剤を使わずに防腐するにはどのようにするのか。

 

化粧品で防腐剤を使わないものもありますがその方法は

  • 製造現場を無菌に近づける。
  • 抗菌作用のある、アルコールを多めに配合する。
  • 使い切りやすいように容量を少なくする。
  • 容器に詰めたあとで高熱高圧で殺菌する。
  • 製品が空気に触れない容器に入れる。
  • 使用期限を短くし、冷蔵するように注意書をつけておく。

 

アルコールが乾燥肌の敏感肌にはひりひりすることがあるので、気を付けるようにします。