敏感肌の人が毎日のように使うボディソープを選ぶ際に気を付けるべきポイントを紹介!

敏感肌に良いボディソープ

ボディソープ

私達は日常生活の中でさまざまな生活必需品に囲まれて生活を送っていますが、中でも毎日のように使っているのが入浴時の必需品となる「ボディソープ」です。

 

ボディソープはスプレーをワンプッシュするだけで全身を洗う為のきめ細かい泡が出てくるアイテムですが、市販のボディソープの中には添加物が多く含まれているものも少なからず存在しています。

 

お肌が正常な人であれば特に問題はありませんが、敏感肌の人やアトピー体質の人が使用すると肌荒れの原因になったりお肌に炎症を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

 

敏感肌の人がボディソープを選ぶ場合、まずは成分内容を見るところから始める事が大切です。

お肌に優しい洗浄成分としては「脂肪酸炎」と呼ばれる成分が有名ですが、これは一般的に「石鹸」と呼ばれるものです。
石鹸にはお肌の上で皮脂と反応して弱酸性になる性質がある為、お肌を洗浄するにつれて界面活性が失われて肌へのダメージが軽減していきます。

 

そのため、泡を洗い流した後の素肌に対するダメージや負担が少なく、敏感肌の人やアトピー体質の人でも安心して使用することが出来るのです。

 

ただし、敏感肌の人は皮脂の分泌が少ない体質である場合が多い為、石鹸を使い過ぎるとお肌への負担が大きくなることもあるので注意が必要です。

 

敏感肌の人でもより安心して使えるボディソープを見つける為には、お肌にほとんど負担やダメージを与える事なく洗浄する事が出来る「アミノ酸系」のボディソープや「グルコシド系」のボディソープをチョイスするのがオススメです。

 

アミノ酸系洗浄成分としてはココイルサルコシンNaやラウロイルグルタミン酸などを配合しているボディソープがオススメです。

 

また、グルコシド系洗浄成分にはカプリルグルコシドといった成分がありますが、
このカプリルグルコシドを配合したボディソープが敏感肌の人には特にオススメです。