どんなシチュエーションでも使うことが出来るワセリンの利便性を紹介!

ワセリン

 

敏感肌で悩んでいる人は多いかと思いますが、そんな人達にオススメなのが「ワセリン」です。

 

ワセリンは原油を原料とした保湿剤の事で、原油を高純度に精製して作られています。

 

基本的には皮膚を保護する用途で使われており、主に皮膚表面を保護する「バリア」のような役目を担っています。
ワセリンは化粧水や乳液のようにお肌の内部へと浸透せず表面に留まる性質があるため、皮膚に塗布する事でホコリや化学物質から肌を保護する膜を作ってくれます。

そのため、敏感肌の人をはじめ「手荒れ」で悩んでいる人のハンドケアや「唇の乾燥」を防止する為のリップケアに用いられる事も多いアイテムです。

 

ワセリンは油分が多く水を弾いてくれるので、ハンドクリームの代わりとして使うことが出来ます。そのため、ささくれが気になる人や手荒れに悩む人などには特にオススメです。

 

また、ワセリンはリップクリームの代用品として使用する事も出来ますし、市販のリップクリームよりも唇への刺激が少ないので敏感肌の人とも相性の良いアイテムです。

 

また、ワセリンは全身に塗ってボディクリームとして使用する事も出来ます。

オススメの使用方法としては入浴後すぐにワセリンを塗り、素肌の潤いを閉じ込めて保湿を行うとしっとりとした素肌を維持することが出来ます。
また、ワセリンは大人だけでなく肌の弱い赤ちゃんにも使用する事が出来るため、誰でも安心して使うことが出来る万能保湿剤です。

 

また、ワセリンの油分は化粧水や乳液の有効成分を閉じ込め、皮膚によく浸透させる目的でも使用する事が出来ます。
ワセリンの油分は皮膚の水分を逃がさないため、化粧水や乳液を塗布した後でさらにワセリンを塗る事で有効成分の浸透を助けてくれます。

 

また、ワセリンは外敵からお肌を保護してくれるのでアトピー性皮膚炎を発症した人でも安心して使う事が出来ます。
ちなみにワセリンは医療機関でも火傷の治療やステロイドでの治療後にも使用されています。