オーガニック系化粧品って本当に肌にやさしい?!

オーガニック系

近年ブームとなっているオーガニック系化粧品
自然由来の成分にこだわって作られており、無添加・無香料のものが主流となっています。
より自然に近い部分で使用できるため、敏感肌の方はもちろん、あらゆる肌質の方に人気となっています。

 

しかし、化粧品に含まれる自然成分は各々違いがあります。
中には、自然成分だけれども肌に合わなくてただれてしまったという方もいらっしゃいます。
オーガニックという言葉にだけ目を奪われるのではなく、その成分まできちんと確認したいものです。

 

何しろ自然成分の多くが植物由来のものです。
植物やハーブなどは、何百年・何千年も昔から薬として利用されていたのです。
現在の漢方も、もちろん自然の植物由来が多くを占めています。
すなわちその効き目は、歴史が保証している折り紙つきなのです。

 

オーガニック=自然=効能が薄くて低刺激

 

というイメージが持たれがちですが、物によってはケミカル化粧品よりも強い働きをしてくれるものもあります。
しかもその相性は個人によってみんなバラバラ。
ですから、人の口コミだけにとらわれず、自分に合ったものを選ぶ目が必要なのです。

 

様々な化粧品を試している間に、それに含まれる成分をメモし、何が良くて何が悪いのかを把握できるようにしておくと、後々便利です。