肌荒れにならない為にしっとこう!化粧品の成分

肌荒れを起こしやすい成分

敏感肌の人が肌荒れを起こしやすい成分をご紹介します。
化粧品を買うときの参考にしてみてください。

 

界面活性剤

界面活性剤はが入っていない乳液やクリームなどはほとんどありません。
界面活性剤がなければ分離した化粧品になってしまうからです。
その中でも石油系の界面活性剤は肌トラブルが起きやすいと言われています。
肌への影響が少ないのは「レシチン」です。
比較的値段の高い化粧品などに使われています。

 

アルコール

清涼感・防腐などの効果の為に使われていますが、肌が弱い人には刺激になる場合があります。
しかしアルコールが入ってないと防腐剤多かったりなどのデメリットもあります。
個人差があるのでアルコールで肌が荒れる人は避けた方がいいでしょう。

 

防腐剤

化粧品は水と同じでそのままにしておくと腐ります。
なので防腐剤は必要なものです。
化粧品に入っているものは安全性が確認されていますが、敏感な方は避けた方がいいでしょう。
オーガニックコスメなど防腐剤を使用していないものもあります。
使用期間は3か月程で長くありません。

 

人工着色料・香料

これらは個人差があるのであう・あわないが分れるでしょう。
敏感肌の人やこれまでに肌荒れをした事がある人は気をつけたほうがいいでしょう。