敏感肌の人は化粧品を選ぶ時どのように選べばいい?

敏感肌の化粧品選びのポイント

化粧品を使うことで肌が荒れたり、かぶれたりしやすい肌を敏感肌といいます。
敏感肌になってしまう原因には食生活、住環境だけではなく、花粉症やアレルギー、その他精神的なストレスなど様々なものがあります。

 

敏感肌になると、肌が乾燥する為、肌が本来持っている肌を守る機能が働かなくなってしまい、
外部からの刺激に敏感に反応してしまうのです。
その為、化粧品はできるだけ刺激の少ないものを選ぶ必要があります

 

油分は水分を肌にとどめる役割をするので、肌には必要なのですが、敏感肌のスキンケアには、植物性の油分で、質の良いものが配合されている化粧品を選ぶ必要があります。
石油から作られるミネラルオイル、パラフィン、流動パラフィン、マイクロクリスタルンワックス、ワセリン、セレシン、モンタンロウなどの鉱物油は、肌への刺激が強く、敏感肌のスキンケアには適していません。

 

また、動物性の油分や、純度の低い植物性の油分は吹き出物をおこす恐れがあります。
毛穴を引き締めたり、殺菌したりする働きをするアルコール類は、水分を奪ってしまいますので、乾燥しやすい敏感肌の人には、避けた方が良い成分の一つです。

 

その他には、香料無添加の化粧品を選ぶようにしましょう。
良い香りがする化粧品は、その香りで確かに癒し効果はあるのですが、香料は敏感肌にはよくありません。

 

そして、敏感肌のケアには、化粧品選びだけではなく、正しい洗顔方法を守るということも大事です。
力を入れてごしごし洗ったりするのは厳禁です。
石鹸を、きめ細かく泡立て、肌に載せる感じにします。
あとはこすらず、優しく押すだけで十分です。
そして、石鹸分が肌に残らないよう、十分にすすいでください。
洗顔後も、タオルで顔をこすらないように、肌を押さえるようにして水分を取りましょう。