肌トラブルを起こさない為の入浴法

おすすめ入浴法

敏感肌の方は枕カバーなどの寝具やタオル、アクセサリーなどにも気をつけている方が多いでしょう。
入浴は1日の疲れを取るリラックスタイムですが、誤ってしまうと肌トラブルが起きてしまう可能性もあります。
肌に優しい入浴法を知り、肌トラブルを防ぎましょう。

 

まず、湯船の温度ですが38℃~41℃のぬるめの温度がおすすめです。
長風呂は皮脂を奪ってしまうのでなるべく5分から10分程度がベストです。
入浴剤も肌に刺激を与える可能性があるので、使用した場合は最後にシャワーで流すといいでしょう。

 

短時間の入浴で身体が温まらない方は代謝が落ちている可能性も
代謝が悪いと身体に老廃物が溜まってしまいます。
代謝のいい身体作りをする事で肌トラブルが解消することもあるので、見なおしてみましょう。

 

また、身体を洗う時も注意が必要です。
敏感肌で肌がかゆくなるとついゴシゴシこすってしまいがちですが、実はこすりすぎで敏感肌を招いていることもあります
肌に負担をかけてしまうからです。
乾燥肌の方はもともと皮脂が少なめなので、よく泡立てて洗顔をするように洗ってみましょう

 

身体を洗うタオルやスポンジなのは肌に負担をかけてしまうので、出来るだけ使わないようにしましょう。そしてお風呂から出たらクリームなどを塗って肌を保湿して下さい。

 

少しだけ気を使ってみることで肌が変わっていくのを感じると思います。