肌のターンオーバーを正常に保ち、敏感肌を体の内側から改善する方法をご紹介します。

敏感肌とターンオーバー

敏感肌になる理由は、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり肌のバリアの機能がちゃんと働かないために、乾燥してしまったり、紫外線に傷つけられやすくなっている状態の場合が多くあります。

 

肌のターンオーバーを正常にするには、どのようなことに気を付けなければいけないでしょうか?

 

 

肌のターンオーバーを正常にするため気を付けること。

 

睡眠不足

肌の再生は夜寝て居る間に行われます。
睡眠不足ではただしい肌のターンオーバーが行われません。
夜の10時から2時の間は最も肌の再生が盛んに行われやすい時間ですので夜ふかししないで睡眠をたっぷりとることが、美肌への条件です。

 

傷ついてしまった肌や、細胞の修復を寝ている間に行いますがその時に利用するのは、脂肪エネルギーからなので睡眠不足では肥満もまねいてしまいます。

 

 

栄養不足

無理なダイエットなどで、肌の再生に必要な、たんぱく質や、ビタミンの不足が起こっている場合肌の再生が正常に行われない場合があります。
また、ビタミンや、ミネラルの不足で代謝が緩慢になることも、肌の再生を遅らせる要因です。
ビタミンC,A,E,B群、アミノ酸、の不足にならないように気を付けましょう。
~制限ダイエットなどという、ある栄養素を摂らないというダイエットは医者の指示のもと、病気などの場合は必要ですが、間違うと健康を損なう可能性もありいろいろなものを、バランスよく食べている方が、健康的に痩せることができ肌のトラブルも少なくなります。

 

 

お酒やたばこ、生活習慣

肌に良くないものに、活性酸素がありますがたばこは、健康に悪いことは承知とは思いますが、肌荒れも引き起こし、活性酸素をたくさん作り、細胞やDNAを傷つけてしまいます。
お酒も飲み過ぎでは、肝臓などを酷使して、デトックスの機能が悪くなってしまうことがあります。
毒素により肌荒れを引き起こしやすくなります。

 

また食事内容が偏食気味の暴飲暴食をすると、代謝がうまくいかなくなります
動物性脂肪の多い肉食中心、甘いものばかり食べている、加工食品を多く食べる、ファーストフードや、ジャンクフード中心で、野菜不足や、果物もあまり食べない。

 

または簡単に、コンビニフードのおにぎりとから揚げで、スナックばかり食べるというような食生活を現代人はしてしまいがちですが、この様な習慣が、代謝が悪くなったり、肌の再生がうまくいかない原因です。

 

食生活を改善し、美しい肌を目指しましょう。