敏感肌と密接な関係のあるのは食生活?!

食生活を改善する

 

敏感肌の対策としてスキンケアや化粧品に気を使う事も大事ですが、食生活を変える事も大切です。
栄養が偏っていると血行が悪くなり、必要な栄養素が肌に行き届かなくなります。
冷たいものばかり飲んだり食べたりするのも血行不良の原因になります。

 

新陳代謝が正常でないと肌にさまざまなトラブルがおき、ひどくなると敏感肌になってしまうのです。

 

健康的な肌を作るためには緑養殖野菜が必要です。
皮膚や粘膜を強くするビタミンAや抗酸化作用を持つビタミンCなどの栄養素が緑黄色野菜には含まれています。
例えば、ほうれん草、カボチャ、小松菜、ピーマン。オクラ、さやいんげん、春菊などです。

 

その他に淡色野菜(じゃがいも、白菜、さつまいも、もやしなど)を摂取するようにしましょう。
温野菜にして食べると体を冷やさずにすむのでおすすめです。

 

また、野菜だけではバランスが悪いので、肉・魚・卵・大豆製品などのタンパク質を含む食品も必要です。
大切なのは質のいいタンパク質を摂ることです。

 

インスタント食品や脂っこい食べ物、スナック菓子などは肌によくないと言われています。
食べ過ぎると肌トラブルの元になるので気をつけてください。
お酒も飲みすぎると肌や身体が水分不足になってしまうので飲みすぎには注意しましょう。