オーガニック系コスメの基準を知ろう

オーガニック系コスメの特徴

オーガニック系コスメとは、化学合成された成分の配合されている肥料や農薬を使わないで栽培された植物だけを素材として作られた化粧品のことです。
外部から強い刺激を与えるスキンケアではなく、もともと人間が本能的に持っている自然治癒能力を促してスキンケアの効果を高めていくという考え方で作られています。
オーガニックに対して世界の国々の中には、非常に厳しい基準を設けている国もあります。

 

フランスでの認証基準の一部には次のようなものがあります。

  • 製品の95%が自然原料であること
  • 植物原料の95%以上がオーガニック認証原料の基準を満たすこと
  • 環境汚染の可能性のある成分を使わないこと
  • 主原料が有機認証を受けたものであること
  • 水を含むすべての成分の10%以上が認証原料であること
  • 遺伝子操作物質、放射線照射物質
  • 禁止された化学物質を含まないことなど

 

 

また、オーストラリアの認定機関であるACOの認証基準の一部には次のようなものがあります。

  • 農場は最低3年以上農薬を使っていないこと
  • 農薬を使わないこと、化学肥料を使わないこと
  • 栽培によって環境を破壊しないことなど

 

けれども、日本国内では、基準がそこまで徹底されていず、オーガニックコスメの規格制度や罰則規定がありませんでした。
その為、オーガニック素材が少しでも配合されていれば、オーガニック化粧品として販売されているものもありました。
そこで設立されたのがJOCOです。
特定非営利活動法人JOCOは内閣府に認証を受けているオーガニックコスメの国内における認証機関です。
世界でのオーガニックコスメの統一規格がまだ定まっていないため、JOCOでは、日本独自の有機JASをベースとし、さらにオーストラリアのオーガニック認定機関ACOと提携して、オーガニックコスメ規格を設けています。

 

また、オーガニック化粧品は防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤などの人工添加物を配合していない無添加化粧品や、人工的な化学物質をほとんど配合せず、天然成分を含んだ自然派化粧品、天然由来化粧品などと混同しがちですが、これらの化粧品の中には化学合成成分が含まれていますので、オーガニック化粧品とは別の物です。