敏感肌におすすめのクレンジングとは

クレンジングの見直し

スキンケアというと、化粧水や乳液や美容液を連想してしまいますが、
その前段階『クレンジング』『洗顔』もきちんと見直す必要があります。
意外とこのクレンジングの段階で、肌を痛めている可能性も大いにあります。
敏感肌ならではのクレンジング、洗顔方法を見てみましょう。

 

 

オイルクレンジングをやめてみる

ウォータープルーフのマスカラやカバー力の強いコンシーラー、持続力の強いリップなどは、やはりクレンジング力の強いオイルで落とすのが主流です。
ですが、多くのオイルクレンジングがケミカルで作られています。
ケミカル系に弱い敏感肌の方は、ここから見直してみましょう

 

最近ではオイルカットされたローションタイプのクレンジングもあります。
こちらはケミカルのもの、オーガニック由来のものがあります。
ただ、こちらもケミカル系が多いですので、商品を選ぶときは注意しましょう。
おすすめは乳液系のクレンジングです。
洗浄力は落ちますが、肌に負担が少なく、角質を傷つけることもありません。
自然な油分で落とすため、過剰に水分や脂分が取られることもありません。
普段ガッツリメイクをしている方には物足りないかもしれませんが、一度お試しあれ。

 

 

クレンジング後の洗顔

基本的にクレンジング後の洗顔は必要ないと言われています。
しかし、ケミカル系のクレンジング・流さない系のクレンジングを使用したあとはきちんと洗い流しましょう。
滑りが気にならない場合は、水洗いだけでも結構です。
過剰な洗顔は乾燥肌の原因にもなりますので、季節や体調、ホルモンバランスなども考慮しながら行うと良いでしょう。