UVカット化粧品だけではなく、UVカット機能の衣服や日傘、帽子などを併せて使用しましょう。

紫外線対策の重要性

季節ごとの対策として敏感肌の場合、特に注意しなければいけないのが紫外線です。

 

普通の肌でも多くのトラブルは、紫外線が関係しています。
ではどのように紫外線対策をすればよいでしょうか。

 

 

敏感肌のUVファンデーション

紫外線対策に良く使われるのがUVファンデーションです。
でもUVファンデーションが原因で肌荒れをしてしまうこともありがちです。

 

SPF値や、PAという表示がしてありますが

そそもそもSPF値、PAとはどういうことなのでしょう

 

SPF値

 

SPF1で、約20分間肌が赤くなるのを防ぐ値です。
紫外線の中でもUVB波という紫外線に対する値です。
この紫外線は肌の表面で炎症を引き起こしたり、活性酸素を発生させ、色素沈着などでシミ、そばかすを作ります。

 

たとえばSPF30では約10時間肌が赤くなることを防いでくれます。
一日の日照時間を考えると朝起きてからお化粧をして出かけるとしても10時間の保護ができれば良いということですが、肌が敏感肌の場合、何もしないと肌がすぐに赤くなってしまうので、この20分よりも短い時間と考えSPF50などのものを使う方が良いかもしれません。

 

PA

PAとは、プロテクション グレード オブ UVAのことでUVA波を照射して皮膚の即時黒化の値をの表示で示しています。
紫外線のUVAは、肌の奥深く真皮まで届くため、肌の内部に活性酸素を発生させまたDNAを傷つける可能性があり、しわや、シミ肌の老化の原因となります。
この紫外線は、室内にも到達する紫外線です。

 

+の数が多いほど、よりプロテクトしてくれるということです。
++++までの段階があります。
敏感肌の場合は、なるべく高い値のものを選びます。

 

特に夏のお出かけの時に使用する場合は、汗をかいたりするので
出来るならば2時間おきぐらいにつけるということをお勧めしています。

 

 

パウダーか、リキッドか

リキッドや、クリームタイプのファンデーションには保湿剤なども配合されて、使い心地も良いのですが一日2~3時間おきに付け直すのは大変です。
また、SPFなども高いものが多いという良い点はありますが敏感肌の場合とにかく肌への負担が少ないものを選ぶのが基本ですのでファンデーションを落としやすいものを選ばないといけません。
どうしても、クリームタイプのものは、落としにくいということや比較的、肌に負担のあるものが多いようです。

 

パウダーのものは、付け直しやすいということと比較的刺激の少ないものがあるという点がおすすめです。

 

ファンデーションの中に入っている成分によると、肌の刺激となるものがあるので界面活性剤、防腐剤、香料、等には注意するようにします。

 

 

紫外線をなるべく浴びない工夫を

紫外線をなるべく浴びないようにするには、ファンデーション以外にもUVカットの機能のある、衣服を着たり、夏の外出には、日傘や帽子をかぶること等の注意が必要です。

 

また、最も日差しの強い時間帯には、外出を避けるように、一日の計画を立てることも大切です。
外をどうしても歩かないといけない場合でも、なるべく日陰を歩くなど注意します。