肌に負担にならない化粧品を選ぶ方法

肌に負担のかからない化粧品を選ぶ

肌が乾燥しすぎて、肌が本来持っているはずの肌を保護する働きが鈍くなると、外部からの刺激に反応しやすくなってしまう敏感肌になってしまうことがあります。

 

このような場合には、肌に負担のかからない化粧品を選ぶ必要があります

 

>>化粧遺品の選び方はこちら

 

なぜなら肌が、化粧品に含まれている成分に反応して、かぶれてしまう恐れがあるからです。
肌に負担のかからない化粧品を選ぶためには、表示されている成分をよく確認することと、自然な成分、天然由来などというキャッチフレーズに惑わされないことです。

 

また、一口に敏感肌といっても、個人によって、肌に合う化粧品は違いますので、根気よく自分に合う化粧品を探し続けましょう。
化粧品の成分の中には避けた方が良いものがありますので、表示を確認する時の参考にしてください。

 

まず、ミネラルオイルという表示です。これはよく見かけますが、ミネラルという言葉のイメージとは違っていて、石油を精製する過程で抽出される鉱物油のことなのです。
ミネラルオイルだけではなく、パラフィン、ワセリン、マイクロクリスタルンワックスなどと表示されていることもあります。

 

次に、エタノールなどの収斂作用があるアルコール類にも注意しましょう。
アルコール類は、殺菌作用や毛穴の引き締めには効果がありますが、肌の水分を奪いますので、乾燥肌をひどくする恐れがあります。
また、人によっては、肌が赤くなったり、かぶれたりすることがあります。

 

その他には、動物性油脂が含まれている化粧品も避けた方が良いでしょう。
オリーブオイルなどの植物性油脂の含まれた化粧品のほうが安全です。