肌は外部刺激に弱い?!ダメージを受けない方法とは

意外な外部刺激の原因は?

敏感肌の方の肌は、外部刺激に非常に弱いです。
角質の乱れや、肌を守るベールが失われているため、ダイレクトにダメージを受けてしまうのです。
気をつけていても、意外なところでダメージを受けているかもしれません!

 

毛髪

意外と地味に痛いのが毛髪です。
特に髪を切ったばかりの先が尖った毛髪は、チクチクと肌を刺激します。
顔周りに毛先がある長さだと、尖った毛先が肌をチクチクと刺激しています。
また、髪の毛は驚く程汚れを吸い取っています。
毎日キレイに洗っていても、外のホコリや汚れが吸着しているのです。
また通気性が少ないため、不潔になりがちです。
前髪がおでこに降ろされたような髪型ですと、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。
そしてこれが悪循環となってしまうのです。

 

 

花粉

敏感肌の方はアレルギー体質の方が多いと思います。
もちろん花粉症もアレルギー症のひとつです。
しかしこの花粉、くしゃみや鼻水以外にもダメージを与えている部分があります。
それが『肌』。意外にも花粉で肌がピリピリしているという原因もあるのです。
ようやく乾燥の冬を乗り切ったかと思えば、花粉の春が到来します。
中には1年の中で春が一番肌コンディションが悪い人もいるようです。
対処法としては、とにかく肌にバリアを作ることです。
花粉が肌を刺激しないよう、角質を整え、耐性を上げておくことが必要です。