敏感肌の為の基礎知識まとめ

基礎知識記事一覧

スキンケアで最も重要視されるのが『保湿性』です。オイリー肌やニキビの悩みで、あまり保湿性の高くないさっぱりした商品も好む方もいらっしゃいますが、肌のトラブル改善のためには保湿することがとっても重要なんです。もちろん敏感肌も保湿が大切です!肌がピリピリしたり、赤く火照ったり、ただれたりする原因の多くは、肌の乾燥にあるのです。私たちの肌は、うるおいのヴェールで包まれています。外気のホコリや汚れなどから...

敏感肌の方は、常に様々なトラブルをお肌に抱えています。おでこのニキビが治ったと思えば、頬がひどい乾燥に見舞われたり、目尻のシワがなかなか取れなかったり、肌がくすんで顔色が悪くなったり・・・肌にトラブルを抱えやすい敏感肌の方は、どうしても見た目年齢が高く見られがちなのです。しかし、多くの敏感肌用の化粧品が、低刺激というだけでシワをとったりハリを持たせる効果を持っていないのが現状です。敏感肌でも美しい...

いつも気をつけているはずなのに、新しい化粧品を使ったり、突然肌が荒れることってありますよね?赤く腫れてただれた肌・・・こんなんじゃ外に出れないですよね;そこで、緊急時の肌トラブル解決法の一部を簡単にご紹介させていただきます。もちろん、異常を感じたり、いつまでも治らなければ、すぐに皮膚科の病院を受診してください。とにかく何もしない意外かもしれませんが、赤くただれてしまった時は、何もしないのが1番です...

スキンケアというと、化粧水や乳液や美容液を連想してしまいますが、その前段階『クレンジング』『洗顔』もきちんと見直す必要があります。意外とこのクレンジングの段階で、肌を痛めている可能性も大いにあります。敏感肌ならではのクレンジング、洗顔方法を見てみましょう。オイルクレンジングをやめてみるウォータープルーフのマスカラやカバー力の強いコンシーラー、持続力の強いリップなどは、やはりクレンジング力の強いオイ...

敏感肌の方の肌は、外部刺激に非常に弱いです。角質の乱れや、肌を守るベールが失われているため、ダイレクトにダメージを受けてしまうのです。気をつけていても、意外なところでダメージを受けているかもしれません!毛髪意外と地味に痛いのが毛髪です。特に髪を切ったばかりの先が尖った毛髪は、チクチクと肌を刺激します。顔周りに毛先がある長さだと、尖った毛先が肌をチクチクと刺激しています。また、髪の毛は驚く程汚れを吸...

春春は花粉症の季節です。花粉の時期は肌も敏感になります。家に帰ったら丁寧に花粉を落として清潔にしてあげましょう。花粉がついたままでは肌を傷めてしまう可能性があるので、初めは優しく水をかけ流すようにして下さい。この時期は新しいスキンケアを試さず、刺激を与えないようにしましょう。夏紫外線対策として日焼け止めクリームを使用する人が多いと思いますが、敏感肌の人はこの日焼け止めクリームが肌トラブルの原因にな...

敏感肌の人はスキンケアだけではなく、化粧品にも気を使っている人が多いでしょう。肌に負担をかけないために、本当は化粧をしたくないというのが本音でしょうが、仕事に行ったり外出したりする時にすっぴんではなかなか行きずらいものです。特に紫外線が強い時は化粧をしていないと、肌に直接紫外線がくるのでよくありません。では出来るだけ肌に負担をかけないような化粧品とはどのように選べばいいのでしょうか。敏感肌の人には...

乾燥肌と敏感肌乾燥肌とは肌の水分に必要な油分が失われた状態のお肌の事です。それに対し敏感肌とは少しのきっかけで肌トラブルを起こしてしまうお肌の事ですが、実はこの二つは共に「水分不足」が原因という共通点があります。乾燥肌になると肌の新陳代謝が低下してしまい、外からの刺激に弱くなるため、肌の防御機能が低下してしまいます。その防御機能の低下に外部からの刺激が伴って、さらに乾燥を促進させ、痒みや湿疹、赤み...

敏感肌の対策としてスキンケアや化粧品に気を使う事も大事ですが、食生活を変える事も大切です。栄養が偏っていると血行が悪くなり、必要な栄養素が肌に行き届かなくなります。冷たいものばかり飲んだり食べたりするのも血行不良の原因になります。新陳代謝が正常でないと肌にさまざまなトラブルがおき、ひどくなると敏感肌になってしまうのです。健康的な肌を作るためには緑養殖野菜が必要です。皮膚や粘膜を強くするビタミンAや...

ドクターズコスメという言葉をご存じでしょうか?ドクターズコスメとは美容外科・形成外科・皮膚科などの皮膚に関する知識を持った専門医が経験や研究をもとに開発されている化粧品です。個人差はあるものの、アレルギーなどについての知識が豊富な先生たちが作ったものなので安心度も高く、低刺激で敏感肌でも使えると言われています。そもそもドクターズコスメは敏感肌や乾燥肌などのお肌トラブルを改善していくことを目的に製品...

ブランド化粧品に比べて、ドラッグストアなどで手軽な価格で購入することのできる化粧品のことです。これは、容器や販売促進に費用をかけず、その分低価格で提供するというコンセプトのもとに作られていて、基礎化粧品も、メイクアップ用品もあります。スキンケアやメイクアップをする時に女性が感じる贅沢な気分や、香りの癒しなどはありませんが、毎日使うものなので、経済的には非常に便利な化粧品です。基礎化粧品で人気のある...

オーガニック系コスメとは、化学合成された成分の配合されている肥料や農薬を使わないで栽培された植物だけを素材として作られた化粧品のことです。外部から強い刺激を与えるスキンケアではなく、もともと人間が本能的に持っている自然治癒能力を促してスキンケアの効果を高めていくという考え方で作られています。オーガニックに対して世界の国々の中には、非常に厳しい基準を設けている国もあります。フランスでの認証基準の一部...

化粧下地は、ファンデーションや外気から肌を守るベースメイクの基本です。ファンデーションをしっかりと肌に密着させることで、肌の色を整え、くすみ、シミ、そばかすなどをカバーするのに加えて、日焼け止めの役割をするものもあります。化粧下地を使わず、肌に直接ファンデーションを塗ると、肌の奥までファンデーションが浸透してしまうため、肌に負担がかかります。そして、浸透したファンデーションを取り除くための洗顔でさ...

肌が乾燥しすぎて、肌が本来持っているはずの肌を保護する働きが鈍くなると、外部からの刺激に反応しやすくなってしまう敏感肌になってしまうことがあります。このような場合には、肌に負担のかからない化粧品を選ぶ必要があります。>>化粧遺品の選び方はこちらなぜなら肌が、化粧品に含まれている成分に反応して、かぶれてしまう恐れがあるからです。肌に負担のかからない化粧品を選ぶためには、表示されている成分をよく確認す...

メイクは肌に悪いものではありません。むしろ、肌を守り、肌をよりきれいにするためのものです。まず大事なのは、成分をよく確認して、危険な成分が配合されていない化粧品を選ぶことです。その為には、消費者の購買意欲を高めるためにつけられているキャッチフレーズをうのみにせず、自分の肌の状態にあったもの、良い成分が配合されているものを選ぶ必要があります。そしてもうひとつ大事なことは、化粧品を肌につける順番を的確...

肌には皮脂と水分からできていて、皮膚の外側である角質層の保水力を保つ皮下膜があってこの皮下膜が肌を保護しています。そして、角質層の保水力が無くなってしまうと、肌を保護することができなくなるため肌が乾燥し、敏感肌になってしまいます。本来弱酸性である肌がアルカリ性になるので、肌が炎症を起こしてしまうのです。そのような状態になると、洗顔の仕方や化粧品の選び方で、肌がかぶれてしまいます。たとえば、敏感肌の...

使い捨てのマスクは美容液がたっぷりと浸みこんでいて15分ほどのパックをすると、肌がぶるぶるすると評判です。特に乾燥肌の敏感肌の場合には、ぜひとも使いたいのですが、かぶれることが良くあるようです。使い捨てマスク、韓国発コスメには注意を使い捨てマスクは、韓国のコスメの場合が多く、メーカーによれば製品自体に本来有効な成分が含まれていないような場合もあります。値段のみでは判断せずに、確かなメーカーが作って...

敏感肌の場合、肌につける化粧水など添加物が原因でよくかぶれてしまいますが防腐剤が原因でかぶれる場合が多いようです。防腐剤が使われている理由。化粧品は薬事法に基づき、未開封で3年間品質を保たなければいけないことになっています。また封を切ってから、空気や、手から雑菌が入ることも考えられ、その対策をしなければいけません。そのために防腐剤を入れるのが、最も効果的で、低コストなために、防腐剤を配合されるとい...

シートマスクは肌の保湿などに効果的ですが敏感肌の場合にはかぶれる可能性もあるので気を付けなければいけません。シートマスクかぶれの原因シートマスクには、美容液がたっぷりとしみこませてあるのでその成分によってかぶれてしまうことと、敏感肌の場合は、化繊に触れるとかぶれる人がいるのでもしかぶれた場合には、使用を中止します。化粧品の成分でアレルギーの反応を起こす可能性のある成分は103種類もあります。敏感肌...

敏感肌になる理由は、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり肌のバリアの機能がちゃんと働かないために、乾燥してしまったり、紫外線に傷つけられやすくなっている状態の場合が多くあります。肌のターンオーバーを正常にするには、どのようなことに気を付けなければいけないでしょうか?肌のターンオーバーを正常にするため気を付けること。睡眠不足肌の再生は夜寝て居る間に行われます。睡眠不足ではただしい肌のターンオーバー...

香水をつけて肌がかぶれたという人が多くいます。敏感肌でなくても、ひりひりすることがあるようです。敏感肌の場合どのようにして、かぶれないで香りを楽しむ方法があるのでしょう。香水はアルコール香水の成分を見ていると、何パーセントかのアルコールが含まれていることが表示してあります。アルコールが揮発して、香りを漂わせているので、どうしても、アルコールの蒸発で肌が乾燥してしまったり、香水の香料そのものが肌に合...

季節ごとの対策として敏感肌の場合、特に注意しなければいけないのが紫外線です。普通の肌でも多くのトラブルは、紫外線が関係しています。ではどのように紫外線対策をすればよいでしょうか。敏感肌のUVファンデーション紫外線対策に良く使われるのがUVファンデーションです。でもUVファンデーションが原因で肌荒れをしてしまうこともありがちです。SPF値や、PAという表示がしてありますがそそもそもSPF値、PAとは...