ココナッツオイルに秘められたパワーを徹底解説!

ココナッツオイル

ココナッツオイル

 

冬の寒い時期が訪れると敏感肌に悩む人が増え始める傾向が見受けられますが、最近は敏感肌の人を中心に「ココナッツオイル」への注目度が高まりつつあります。

 

ココナッツオイルとはココヤシの木から採れる実の内側の果肉から抽出されるココナッツ由来のオイルの事ですが、最近ではハリウッドセレブや芸能人たちが愛用しているという事が話題となって、密かなブームになりつつあります。

 

ココナッツオイルは食用としても利用する事が出来る為、ダイエットや健康食としても注目されていますが、飽和脂肪酸が豊富なココナッツオイルはスキンケアやヘアケアにも適しているので美容の分野でも広く利用されています。

 

元々、飽和脂肪酸は中性脂肪や悪玉コレステロールを増加させる働きがあるので摂取を避けたい油として知られていますが、ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸は「中鎖脂肪酸」に分類されるので体内に蓄積されにくく、体内でエネルギーとして分解され易いという特徴を持っています。そのため、ココナッツオイルだけは飽和脂肪酸の中でも例外扱いされているのです。

 

また、ココナッツオイルにはラウリン酸と呼ばれる脂肪酸が含まれており、このラウリン酸には赤ちゃんの素肌を感染症から保護する働きがあるので敏感肌の人やアトピー性皮膚炎の人に最適なオイルと言えます。
ラウリン酸には免疫力を向上させる働きもある為、敏感肌やアトピー肌の人でも安心して素肌に塗布する事が可能です。

 

また、ココナッツオイルはココナッツ由来の香りが強い為、さまざまな料理にココナッツのフレーバーを加えるのに最適なオイルです。
また、バターの代わりにパンに塗ったりハチミツやメイプルシロップと一緒に塗って食べるのも絶品です。

 

ココナッツオイルは敏感肌の人との相性が良いだけでなく、乾燥しがちなお肌にも非常に相性が良いと言われています。

 

ココナッツオイルは保湿力にも優れている為、冬場の乾燥しやすい時期のお風呂上りに素肌へ塗布するとお肌をしっかり保湿してバリア機能を向上させることが出来るのでオススメです。

保湿の重要性